管理会社変更の契約前に必ずチェックしたいポイント

管理会社変更の契約前に必ずチェックしたいポイント

管理会社変更の契約前に必ずチェックしたいポイント 管理会社変更の際に、契約前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。
管理会社のサービスの質は、担当者の能力次第という面が大きいので、管理業務主任者の有資格者が担当してくれるのか、担当物件数が多くないかなどをチェックしましょう。
また、充実した内容の月次報告をしてくれるのかもきちんと確認することが大切です。
それから、担当者の理事会や総会への支援も重要なので、作成してくれる議案書のレベルが高いかどうかも大切なポイントです。
近年は、管理費の滞納問題に頭を抱えているケースも多いため、管理会社が滞納問題の解決に向けて、どのような取り組みをするのかもしっかりと確認しましょう。
また設備に不具合が起きた時に、修繕の提案をどの立場の人が行ってくれるのかも重要なので、資格を持っている社員がいる専門部署を社内に設けているのかを確認することが望ましいでしょう。
さらに設備点検のレベルや、管理会社のどの立場の人が点検に立ち会うのかどうかもチェックしましょう。
それから、管理員のあいさつや身だしなみも重要なので、管理員の質向上のために定期的に研修を行っているかを確認することも大切です。
近年では、専有部のサービスに力を入れている会社もあるようなので、家具の移動手伝いや、ご高齢者の安否確認などのサービスが実施されているのかも、管理会社変更の契約前にチェックすると良いでしょう。

実力ある担当者についてもらえるか

実力ある担当者についてもらえるか マンションを所有している方にとっては、そのマンションを実際に運営管理していく管理会社の動きというものに注目をする必要があります。
自分の家族が生活しているマンションにしろ、投資用に購入して他の方が生活しているマンションにしろ、その管理会社の動き次第で物件の価値の維持及び価値向上の度合いが決まるからです。
マンションの管理会社自体もさることながら、その管理会社の担当者の実力も大変重要な要素です。精力的に動いてくれる担当者の方が、そのマンションの管理運営にプラスとなることは間違いありません。
担当の方と接する機会というのは、主に理事会に参加した時が多いと思いますので、マンション管理をきちんとしているかを判断するために率先してマンション管理組合の理事や理事長などになって担当の方と積極的に接する方が良いです。
マンション管理に不満がある場合は、マンション管理会社変更の手続きをするという手段もあります。マンション管理会社変更のためには管理組合の一定以上の議決が必要となり、結構ハードルが高いですが、より精力的に動いてくれる管理会社に変更をしたいと考えるなら、大変有効な手段といえます。
他の管理会社のメリットをアピールして変更手続きを進めましょう。

管理会社に関するおすすめリンク

建設から管理まで一貫して行う総合不動産会社のサイト

埼玉で管理会社変更をするなら